So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年12月23日 協)横浜 第23回 汽笛一声ウォーク [ウォーキング大会]

すっかりブログをさぼってしまいまいました。
例年に比べウォーキングの量は減ってしまっていたので
無事に歩けるか不安でしたが
娘が今年も歩くと言うのでこちらのイベントに参加しました。

コースは
(日比谷公園)→新橋→品川→川崎→鶴見→神奈川→横浜→桜木町(赤レンガパーク)

距離は約33kmです。

いつものように、2人で朝食をとって日比谷公園に向かいます。
真っ暗の中家を出たので、天気がわかりませんでしたが
あまり天気が良くありません。天気予報では夜から降ることになっていますが
早まると歩いている途中になりそうで不安です。
P1140134.JPG

続きを読む


2015年 秋旅行 10月28~29日 工藤耀日美術館 [ふつうの日記]

瑞牆山の散策を終えて、絵を描くのが好きな叔父の希望で
工藤耀日美術館に行くことにします。
工藤耀日(本名 工藤 賢司)さんが廃校になった旧増富中学校を
アトリエ兼美術館として作品を展示していらっしゃいます。
その様子がテレビでも放映され叔父が興味を持ったのでした。

廃校になった中学校は懐かしいような寂しいような雰囲気で
建っていました。
P1120351.JPG
P1120280.JPG

入口からのぞいてみましたが、人の気配がなく
今日は見学できないのでは?と不安になりましたが
戸が開いたので声をかけてみました。
P1120311.JPG

女性の姿が見え、見学できますとのこと。
工藤さんの奥様だったようで、工藤さんをよんできてくださいました。
白いお髭の工藤さんはまるで仙人のような雰囲気の方でしたが
とても優しい方でした。
まず、体育館へどうぞとおっしゃるのでついて行くと
体育館一面に絵が展示されています。
その迫力には息をのみます。
P1120282.JPG
P1120295.JPG

舞台には山高神代桜の絵が。
母はこの桜を見に行った事があったそうで
懐かしがっていました。
P1120302.JPG

校舎の方も見学させてもらいました。
古い校舎と絵がとても合っています。
校舎は廃校になっても工藤さんが手入れをされているのでしょうか?
綺麗に保管されています。
P1120323.JPG
P1120317.JPG

工藤さんは中国に住んでいたことがあり、
北京オリンピックが決まる前、頭に浮かんだ様子を絵に描いたところ
北京オリンピックとして現実となったそうです。
P1120318.JPG

思った以上に素晴らしい絵を拝見することが出来ました。

きっと生徒たちが元気な声を上げたであろう校庭を後にします。
P1120350.JPG

この後、増富の湯に行きました。
源泉かけ流しの温泉ですが、湯温が低くちょっと寒かったです。
P1120358.JPG

続きを読む